アクセス数アップに繋がるSEO対策

>

目的の情報までのアクセスが悪いとみてもらいにくい

パソコンスマホ問わずに見れる

スマホで調べものをしている時に、せっかく探していた情報がありそうなページを見つけたのに、開けようとすると、「パソコンでないと見れません」となったことはありませんか?
もしくは、開けてみたところ、字が小さく読みづらかったり、リンクやバナーボタンが押しにくかったことはありませんか?
どちらとも、スマホからの閲覧に対応ができていない場合におこります。

このような時、あなたはおそらくパソコンを出してきてまで見ようとは思いませんよね。
電車などで移動中の隙間時間での調べものなら、なおさらパソコンをだそうとは思いにくいと思います。

スマホに対応しているだけで検索順位で優遇されることもあるので、この対策は怠らずにやりましょう。

整理整頓など見やすさを意識する

見づらいウェブページは読む人にストレスを与えやすく、最後まで見てもらえなかったり、再訪問もしてもらいにくくなったりします。
それはページ内のいくら情報量が多く充実していても、目で追っていきにくいと、折角の情報を見てもらえなくなります。
読み手を意識して見やすいページデザインを考えて情報を整理してホームページを作成しましょう。

レイアウトがスッキリした後は、商品や単語からリンクを貼り、関連ページへスムーズに誘導できるようにしていきます。
リンクがなければ、訪問者はそのページを読んで満足して、ホームページから去っていきます。
リンクを充実させ、自身のホームページ内の記事を見てもらえるようにすれば、訪問時間を伸ばすことに繋がります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る