アクセス数アップに繋がるSEO対策

>

プラスでしたい対策

URLを変える

URLにキーワードを入れるようにするのもSEO対策になります。
どれぐらいの効果があるのかの具体的な数字は明らかではありませんが、同じようなSEO対策をしている競合他社のホームページと比較された時には有利になる可能性は十分にあります。

ただし、既存のホームぺージのSEO対策で考えている場合、先にご紹介した方法よりも優先してやるべきではないので、あくまでも余裕のある方や新規でページ作成を考えている方は実践してみてください。

URLに関するポイントではURLの正規化も方法の1つです。
一定のルールに従ってURLを整理することです。
整理がされていない状態ですと、同じページでも 複数のURLが存在してしまい、SEO対策効果も分散してしまいます。

サイトの表示速度を上げる

表示速度を上げるということは、データのダウンロード時間を短くすることを指します。
読み手がクリックをして、ページが全部表示されるまでに時間がかかりすぎると、最悪の場合、他のページに行ってしまうかもしれません。

表示速度をあげるには、画像を少なくする、画像の解析度を下げる、不要な装飾や文字数を減らす、外部リソースを減らす、CSS/javascriptの構造を見直すといったことでできます。
必要な画像まで削ることや、見づらい画像を載せることはコンテンツを悪くしてしまうので、どこまでに手をつけるかを考えることが必要です。

読み手のパソコンの問題でも、表示速度は変わりますが、ホームページを運営する側ができることをすることで、読み手の読みやすさや、訪問者の滞在時間を留めることに繋がります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る